事業用太陽光発電ならもしもの時には非常用コンセントで安心

「太陽光発電を設置したところでほとんど電力を確保出来ない」と勘違いされている方が多くいます。
しかし実際には一般的な電化製品でしたら問題なく十分な電力を確保することが出来るのです。 電力会社からの送電が停止することでパワーコンディショナーも停止してしまいます。
もちろん事業用太陽光発電もいつも通りに利用が出来るのではなく、非常用のコンセントを利用する必要があります。

 

会社の移転時などに事業用太陽光発電も一緒に移設したいこともあると思いますが、もちろん移設は可能となります。
架台に関しましては取り外しと設置の両方の工事をする必要がありますので、これら両方の費用が必要となります。
事業用太陽光発電は確かに災害時で停電をしてしまった時でも利用出来ますが、電化製品の利用は最小限にしておきましょう。
仕事に支障の無い電力使用は極力避け、重要なものに対してのみ電力を使うようにしましょう。





スマートハウスについてのサイト
スマートハウスはここへ
URL:http://www.nichiei-group.co.jp/construction/


事業用太陽光発電ならもしもの時には非常用コンセントで安心ブログ:2022-5-25

シェイプアップでリバウンドしないためには、
リバウンドの原因を理解しておきましょう。

シェイプアップのリバウンドとは、
せっかく減った体重が戻ってしまったり、
さらにシェイプアップ前よりも体重が増えてしまう状態です。

せっかく痩せてきれいになろう…と始めた
シェイプアップなのに、逆効果になってしまっては大変!!

そんなシェイプアップの敵である
リバウンドを引き起こさない為に
きちんとしたシェイプアップ計画を立てていきましょう。

シェイプアップで
リバウンドが発生する大きな原因の一つとして
基礎代謝力の低下があります。

基礎代謝というのは、
私たちが生きていくために最低限必要なエネルギーです。
常に使われているエネルギーなので、
寝ているときでも消費されているのが基礎代謝です。

人間の肉体には、
環境の変化に適応する能力が備わっています。

なので、
食事制限によって摂取カロリーを減らしたり、
体重が急激に減少することによって、
そういった環境に肉体を対応させるために
エネルギー消費量を減らしたり、
筋肉量や骨量を変化させたり…と
肉体のほうが変化していきます。

このような状態になると
停滞期といって、シェイプアップを続けても
体重が減らない状態になってしまいます。

そうなると
ついシェイプアップを断念してしまうという人も
少なくありません。

エネルギー消費量が以前より減少している状態のときに
シェイプアップをやめて、
以前と同じ摂取カロリーに戻してしまうと
当然のことながら肉体に脂肪が蓄積されてしまいます。

ですから、
シェイプアップでリバウンドしないためにも、
停滞期を乗り切ることが大切なんです!


このページの先頭へ戻る